AGA治療で効果が出るまでの期間はどれくらい?途中でやめたらどうなるの?

AGA治療をしたいと思っても効果が出始めるまでの期間や、AGA治療を途中でやめたらどうなるのか?一生継続しなければならないのか?一体いつまで続ければいいのか?AGA治療の辞め時など継続期間について疑問に思っている人がいると思います。私自身がそうでした。
AGA治療を始めてまだ1年しか経っていませんが私の実体験が参考になると思います。
これからAGA治療を始めようと思っている人は参考にしてください。

AGAの治療期間は?

AGAの治療期間は年齢やAGAの進行状況によりますが、ほとんどの人が半年以内に効果を実感できるはずです。
経口薬だけにするか、メソセラピーなどの投薬治療をするかで発毛速度も変わってきますが、頭皮環境が整って以前のようにフサフサのなったと感じるまでにかかる期間は大体1年から2年になります。
AGA治療をするのであれば最低でも1年は続ける気持ちが必要です。
多くのAGAクリニックでは月に最低1回の診察が必要ですが、病院に行くのは中々億劫ですし、毎日行くものでもないので私のようにすっぽかしいてしまったり、予約していたのを忘れてしまったりしないように気をつけてください。

AGA治療で効果が出るまでの期間はどれくらい?

AGA治療は始めるとすぐに効果が出始めます。
ただし、その速度は非常にゆっくりなので効果を実感できるまでにタイムラグがあります。
髪が増えてきたなと実感できる期間は人にもよりますがAGA治療を始めたから大体3ヶ月から半年と言われています。
私の場合はAGA治療を始めて4ヶ月目に効果を実感しました。
始めは鏡を見ても分からなかったのですが、人差し指の毛が長くなって薬指に少し当たるようになったのをきっかけに気づきました。
正直AGA治療は半信半疑なところもあり、ダメで元々と思っていたのですが生えてきてるんだと実感した時はうれしかったです。
自分が効果があったので言えることではありますが、AGA治療は効果があります。実感するまで3ヶ月から半年と長い期間が必要ではありますがあきらめず続けるとアタナも効果を感じられるはずです。

AGA治療は1ヶ月で何とかならない?

先にも書きましたが効果を実感できるまでに3ヶ月から半年という期間が必要になります。
1ヶ月ではまだ全く効果を実感できないでしょう。
というのもAGA治療を始めてから最初の1ヶ月は初期脱毛が起こる期間です。
初期脱毛は今まで生えていた毛根が弱い髪の毛を新しくできた髪の毛が押し上げることによって起こる脱毛のことをいいます。
新しい毛が生えてきているサインなので一時的に頭皮が薄くなります。
初期脱毛で抜ける髪の毛は細くてコシのない短い毛が多いので初期脱毛が始まったことに気がつかない人もいるようです。
新しく生えたきた髪の毛が成長しきっていない状態では実感も何もありませんよね。
新しく生えた髪がある程度成長し、抜け毛が減るので毛髪量が増えAGA治療を始めてから半年後には効果を実感できるようになります。

AGA治療薬の効果が続く期間は?

AGA治療薬の効果が続く期間はどれくらいなのでしょうか?
AGA治療薬であるフィナステリドとミノキシジルの効果が続くのはおよそ一日です。
効果を実感できるまで毎日欠かさず飲むことがAGA治療の近道です。
治療薬を忘れずに飲むために私がやった方法をいくつか紹介します。

スマホのタイマーを毎日同じ時間にセットする。
クリニックでもらったフィナステリドとミノキシジルの半分を自宅にもう半分を会社に置いておく。
移動中でも飲めるように1~2錠カバンの中に入れておく。

このようにしておけば朝自宅で飲み忘れてしまっても、会社に行けば飲めますし、移動中に水やお茶を買って飲むことも可能です。
錠剤は白湯で飲むのが胃の中で溶けやすく、1番効果的な飲み方ではありますが、ふだんは水で飲んでいました。
水が手に入らない時はお茶で飲んでいました。
カフェインと一緒に飲むと良くないと言われていますが、私は緑茶と飲んで体調が悪くなったりしませんでした。
とにかく毎日続けることを意識して飲み忘れがないようにすることの方が大事だと思います。

AGA治療を途中でやめたらどうなるの?

AGA治療を途中でやめた場合やめる時期にもよりますが再度AGAが進行することになります。
AGAの原因は男性ホルモンの一種ジヒドロテストステロンが異常に出ているためです。
ジヒドロテストステロンを無くすことは現代の医学では不可能なので、髪に溜まったジヒドロテストステロンがいずれは抜け毛を誘発します。
AGA治療をせずに自力で何とかしたいのなら適度な運動をして新陳代謝を活発にする、バランスの良い食生活を考える、十分な睡眠時間を確保するなどしてホルモンバランスを整えなければいけません。
ただ、ホルモンバランスを整えるには治療薬を使うよりも長い時間が必要ですし、髪の毛が生えてくる保証もありません。
何よりジヒドロテストステロンの異常増加が生活の乱れにあるのであれば、根本から見直さなければいけないでしょう。
もちろん髪の毛が十分に生えて来たから途中でAGA治療をやめるという人はいます。
実は私もその一人です。
AGA治療をやめたとは言っても完全にやめたわけではなく、今まで毎日飲んでいたミノキシジルとフィナステリドを二日に一回に減らしたのです。
毛髪量自体にはまだ満足したわけではありませんが、治療薬の量を減らすことでどれだけ現状を維持できるか試してみている最中です。
薬の量を減らしてから3ケ月経ちますが今のところ薬の量を減らしても抜け毛が増えることもなく、維持できています。
そろそろ薬を飲む量をさらに減らして3日に一度にしようと思っています。
飲む量を減らすことができればそれだけ手間も減りますし、何より治療費にかかる費用も減らすことができます。
自分に最適な量を調整することが大事なのではないでしょうか。

AGA治療は一生継続しなければいけないの?一体いつまで続ければいいの?

AGA治療は一生続けなければいけないのでしょうか?一体いつまで続ければいいのでしょうか?
AGA治療に中々踏み切れない理由の1つにいつまで治療をしたらよいのかと不安に思うことがあります。
費用もかかりますし、永遠に治療しなければいけないのかと心配する気持ちは良く分かります。
例え一時的に髪がフサフサになっても時間が経てばまた元に戻ってしまうのなら意味がないかもしれないと思うのは当然ですよね。
一度出来てしまったAGAの原因であるジヒドロテストステロンを分解したいり、消滅させることは不可能です。
AGAを何とかしたい場合ジヒドロテストステロンが増えないようにするか、失われていく毛髪よりも早く髪を生やすしか方法がありません。
そのためには体調を整え、髪に十分な栄養が行き届く環境を作る必要があります。
ただそのような環境を整えることができないからAGAになってしまっているわけで自力でどうにかすることは不可能ではありませんが相当難しい話です。
とはいえ一生続けなければいけないと思うと気が滅入るのも事実。
それに年を取れば周囲も相応の髪の量になるので、自分だけが髪の量を心配する必要もなくなります。
一生髪を生やそうと思ったら治療は死ぬまで続けなければなりませんが、結婚相手が出来るまでとか、若いうちだけと期間を決めて治療をしてみるのもいいんじゃないでしょうか?
若いうちにしか楽しめない人生もあると思うのです。

AGAの治療期間まとめ

AGAの治療期間を簡単にまとめると

  • AGA治療は効果を実感できるまで3ヵ月~半年かかる。
  • AGA治療は1ヶ月では効果は出ない。
  • AGA治療は途中でやめると再発する。
  • AGAはどれだけの期間髪を生やしたいかで治療期間が決まる。

ということになります。
薄毛と言うのは自分にとっての宿命です。
薄毛を治したいなら薬以外にも育毛剤やシャンプー、生活リズムを整えるなどなんらかの努力が必要です。
その中でも薬による治療が目に見えて結果が出て分かりやすいので続け甲斐があります。
薄毛を何とかしたいと思っているなら何らかの行動をするべきでしょう。
心配だけしているよりも気持ちの面でもマシになることは確実です。
それでも心配な方はクリニックで専門家に相談してみると良いでしょう。
押し売りや電話での後追い営業もなかったので純粋に疑問に思っていることを話すだけでも楽になりますよ。

AGAの専門家を探しているならAGA 治療TOPへ